わがなすことは われのみぞしる

夢追人。サッカー、読書、成長、お笑い。https://snapmart.jp/portfolios/K___1

成功に囚われるな!成長に囚われろ!!

 

 

タイトルは本田圭佑選手の言葉です。

 

 

とても感銘を受けました。

 

 

 

僕は今、自分のチームで試合に出ることができていません。

 

 

 

客観的に、成功してるか失敗してるかでみたら、失敗でしょう。

 

 

 

 

しかしながら、この環境の中、どれだけ試行錯誤して、どれだけ成長できているかでいえば、間違えなく、今までで一番成長できていると断言できます。

 

そして、苦しみながらも、とても楽しむことができています。

 

 

 

 

だから僕にとっては、もはや成功です。

 

 

 

負け惜しみでしょうか。

 

 

 

他人からみたら、そう見えるかもしれません。

 

 

 

 

でも僕が見据えてるのはもっと先です。

 

 

ニュアンスは若干違うと思いますが、

灯台下暗しと言うように

灯台を見ていると身近なことはわかりにくくなります。

 

 

同じように

大きな目標を見据えていれば、

小さな欲は気にならなくなります。

 

 

今試合に出れていなくても、必ず先のもっと大きな目標は必ず達成してやります。

 

 

 

 

 

無論、結果としての成功、今のチームで試合に出ることを諦めたつもりは、毛頭ないです。

 

 

 

 

自分のこれからをぜひ見ていてほしいです。

 

 

 

 

 

坂本龍馬も言っていました。

 

 

「   世の中の

              人はなんともいわばいへ

                        わがなすことは

                                  われのみぞしる     」

 

 

 

 

初めてこの言葉を見たときに

体に電撃が走るかのように

最高にシビれました。。。

 

 

ブログのタイトルでもありますね。

それぐらい衝撃を受けました。

 

誰かがこのブログを見て、衝撃を受けてくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

…話が全く変わりますが、

シビれたといえば、もう1つ。

 

 

 

先日、以前からサッカーをやめると言っていた、友達が気づいたらオーストラリアでサッカーをしていました。

 

 

そして、今日も

今までずっと海外でサッカーをしてから、今年引退を決意して、しばらくサッカーから離れていた先輩に、オファーが届いてまたサッカー続けると聞きました。

 

 

 

 

 

サッカーをやめるつもりが情熱を抑えきれずに、人生の大事な時期に就活もせずにオーストラリアに飛び込んでいった友達。

 

 

悩みに悩み抜いて、サッカーをやめる決断をしたのに、行ったこともない国からのオファーが届き、再びサッカーがしたくなった先輩。

 

 

 

 

 

…なんてかっこいいのでしょうか。 

 

 

そして、なんてサッカーは素晴らしいのでしょうか。

 

 

こんなに簡単に人を突き動かしてしまうなんて、

そしてそんなサッカーを自分がプレーできているなんて。

 

 

サッカーがプレーできる身体に

サッカーをプレーできる環境に

サッカーがこの世に存在することに

サッカーを愛する人がこの世に数えきれないほどいることに

生きていることに

感動できることに

 

キリがないですが、

すべてに感謝をして明日も頑張ります。

練習楽しみます。

 

 

 

支離滅裂な文章で申し訳ないです。。。

おやすみなさい。