人生の備忘録

ドイツでサッカーやってました。趣味は読書とお笑い鑑賞。6月に父になりました。

思い描いていたもの

 

 

 

僕がサッカーで1番好きな瞬間は、

試合に出て、勝利の喜びをみんなで分かち合うことだ。

 

 

 

それを文化も言葉も違う人たちの中でできたら、どれだけ嬉しいのだろう。

 

 

それが、僕がドイツに来る前に思い描いていたもの。

 

 

限りなく近いものを経験できた。

 

 

 

f:id:Einsdrache:20180327170755j:image

 

 

 

 

正直、毎日毎日帰りたかった。言葉も話せない、周りは上手い選手ばかり。好きでやってるサッカーなのに、自分が来たくてドイツに来たのに、サッカーも私生活も何も楽しめない。なんでこんな苦しい思いをしてサッカーをしているんだろうとすら思った。

 

 

 

でも耐えた。最低限自分にできることをして、そして長い嵐の先にあるものを信じてひたすら耐えた。

 

 

 

 

自分が思い描いていたものは、想像以上に最高だった。

あぁ、サッカーやっててよかった、今日ぐらいは自分を褒めてあげようと思えた。

 

 

 

 

嵐は来る。誰にでも来る。必ず来る。

でも大切なのは、悪いときに何ができるか。

 

 

 

嵐を越えられる術を持っている人、嵐を乗り越えた経験のある人は強い。

 

 

 

サッカーも人生も調子がいいときは、何も考えなくても上手くいく。でも悪いときにどんな行動をとるかで、その人の真価が問われる。

 

 

 

 

上手くいかないときあなたならどうしますか?

 

 

 

耐える?試行錯誤する?環境を変える?

はたまた、逃げる?諦める?人のせいにする?

 

 

 

 

調子がいいとき、上手くいかないとき。

どんなときだって後悔しない選択ができる人間でい続けたい。

 

 

 

Tschüss!