人生の備忘録

東京の国立大学卒業後、サッカー選手を目指して八戸とドイツでサッカーをしていました。先日、娘が生まれました。主に幸せについて考えて書いたりしてます。

ドイツなんてもう二度と行かない

 


比較的勤勉な国民性と聞いていたが、
時間は守らない、口約束は無いも同然、融通も利かない。
子供にはお金をスられるし、ご飯も全く美味しくない。
用意された家は真冬に暖房の効かない牢獄みたいな部屋。

 

基本的には毎日家と練習場の往復。
家ではひたすら暇を持て余し、練習に行けば当然日本人は1人だし、ドイツ語もほぼ話せないから談笑には加われない。


日本に帰りたいと本気で毎日思っていたし、
サッカー選手としての自信も全て失って帰ってきた。

 

 

だけど、自分の人生において大切なことは学ぶことができた。

 


チームメイトのキャプテンに君の夢は何?と聞いてから、自分の中で何かが変わった気がした。彼はドイツ語があまりわからない僕にも分かりやすいように教えてくれた。ドイツ語だとうろ覚えだけどこんな感じ。

 

 

 

 

"immer gesund"
"zeit mit familie"
"normale arbeit zu haben"

 

健康でい続けること
家族との時間を大切にすること
普通の仕事があること

 


そんな当たり前のこと?と思われるかもしれないけど、意外とこんな当たり前なことが大切だってことに気づける機会はなかなかないと思う。
そして気付けていても大切にできない人だってたくさんいると思う。

 


ドイツに行って自分にはサッカー選手として人に夢を与えられないことがわかった。
でも僕は僕自身がこれから幸せに生きていけることがわかったし、きっと家族も幸せにできるってことがわかった。

 

 

だからこそ思う。

 


サッカーをやっていて本当に良かった。
ドイツに行って本当に良かった。

 

 


でもドイツなんてもう二度と行かない。

 

 

 

 

 

 

 


あと、僕、結婚しました。

 

 

これからの仕事は未定(サッカー以外のことに挑戦したい)、生活拠点はしばらくは八戸。
ブログはこれからもちょくちょく書いていくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。


Tschüss!