人生の備忘録

ドイツでサッカーやってました。趣味は読書とお笑い鑑賞。6月に父になりました。

極上の文章に舌鼓をうつ

 

素晴らしい本に出会えた。

思わず乗っていたバスを乗り過ごしそうになるぐらい。まぁ降りたけど(笑)

 

 

タイトルは「コーヒーの人」。

ただのコーヒー好きのための本でしょ?と思うかもしれない。でも侮らないでほしい。

下手な自己啓発本の2万倍は面白い。

 

 

 

 

 

人生は自分の才能を見つけるためにある。

 

 

 

この一文に出会えただけでも、なにか大きな肩の荷がおりたようだった。

サッカーを引退して、他の何に情熱を注げばいいのかと彷徨っていた自分にとっては。

 

 多少、現実逃避感があるかもしれないけど、それはここでは突っ込まないでいただきたい…

 

 

 

でも、きっと本当に、誰しも、その人だけの才能が必ずあると僕は信じている。

それが小さいものなのか、大きいものなのか、

早い段階で見つけられるか、否か、は人それぞれ。

 


自分にも何か才能がある、と信じてそれを見つけようとするか、しないかで人生も変わるのだと思う。

 

 

なにが言いたいかというと、

なにも言わずに、この本を読んでほしい。

 

  

きっと、今後飲むコーヒーの味すら変わってくるに違いない。

そして、人によっては人生が変わるだろう。

 

 

たかが、本。されど、本。

 

 

ぜひご賞味あれ。

 

 

Tschüss!

 

 

以下、参考文献

 

 

コーヒーの人

コーヒーの人