人生のびぼー録

ドイツでサッカーやってました。今は特別支援学校で働いています。

ドイツなんてもう二度と行かない

 


比較的勤勉な国民性と聞いていたが、
時間は守らない、口約束は無いも同然、融通も利かない。
子供にはお金をスられるし、ご飯も全く美味しくない。
用意された家は真冬に暖房の効かない牢獄みたいな部屋。

 

基本的には毎日家と練習場の往復。
家ではひたすら暇を持て余し、練習に行けば当然日本人は1人だし、ドイツ語もほぼ話せないから談笑には加われない。


日本に帰りたいと本気で毎日思っていたし、
サッカー選手としての自信も全て失って帰ってきた。

 

 

だけど、自分の人生において大切なことは学ぶことができた。

 


チームメイトのキャプテンに君の夢は何?と聞いてから、自分の中で何かが変わった気がした。彼はドイツ語があまりわからない僕にも分かりやすいように教えてくれた。ドイツ語だとうろ覚えだけどこんな感じ。

 

 

 

 

"immer gesund"
"zeit mit familie"
"normale arbeit zu haben"

 

健康でい続けること
家族との時間を大切にすること
普通の仕事があること

 


そんな当たり前のこと?と思われるかもしれないけど、意外とこんな当たり前なことが大切だってことに気づける機会はなかなかないと思う。
そして気付けていても大切にできない人だってたくさんいると思う。

 


ドイツに行って自分にはサッカー選手として人に夢を与えられないことがわかった。
でも僕は僕自身がこれから幸せに生きていけることがわかったし、きっと家族も幸せにできるってことがわかった。

 

 

だからこそ思う。

 


サッカーをやっていて本当に良かった。
ドイツに行って本当に良かった。

 

 


でもドイツなんてもう二度と行かない。

 

 

 

 

 

 

 


あと、僕、結婚しました。

 

 

これからの仕事は未定(サッカー以外のことに挑戦したい)、生活拠点はしばらくは八戸。
ブログはこれからもちょくちょく書いていくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。


Tschüss!

 

クソクラエ厄年

 

僕は厄年を信じない。

「運がいい人は例外なく自分は運がいいと思っている。」

と、この本に書いてあったからだ。

運のいい人の法則 (角川文庫)

運のいい人の法則 (角川文庫)

 

※いかにも胡散くらいタイトルと表紙だが、著者は"運"について、長い時間とお金をかけて研究しているらしい。ぜひ一度読んでみてほしい。


現役中も、上に行けば行くほど、自分に自信がある人しかいないと感じていた。

あるサッカー選手は、

「自信がないならサッカーをやめたほうがいい。」とまで、言い切っている。

 

それを逆に応用すると、「俺はデキル男だ」と自分に刷り込めば、後から実力が付いてくるんじゃないか、ということに気付いてしまった。

俗に言う「引き寄せの法則」的な。

 

ということで、まずは「俺は身長がでかい!」と信じることから始めてみようと思う(絶望)

 

ではまた。Tschüss!

先生の話がつまらない理由

 

塾講師は授業がつまらないと生徒が離れていく。

学校では、どれだけつまらない授業でも、生徒は先生を変えられない。

 

 

どうやら、評価される機会は大事にした方がいいようだ。

 

 

ただ、それ(話す力)は鍛えられるらしい。

練習方法としては、書き言葉を訓練する。つまり、読書すること、文章を数多く書くこと。と、この本に書いてあった。

人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫)

人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫)

 

 

私は月に3冊は本を読む。ブログも今まで100記事近く書いた。が、相変わらず話は下手。

 

 

…嘘じゃねえか!!!

 


でも、読書もブログも続けるつもりです。

いつか話が上手くなるように。

 


ではまた。

Tschüss!

スマートな男は自慢をしない

 

読書好き=賢いというのは偏見だ。

そのいい例が私だ。

そんな私でも読書ノートをつけるのが趣味の一つだったりもする。

(本の中で印象に残った部分を書き写すだけ。バカニスルナヨ)

そして先日、その読書ノートの3冊目を書き終えた。

 

この3冊に100冊超分の記録。ついニヤけてしまいそうになる。

f:id:Einsdrache:20201103005816j:image

その中の特に好きな5冊から、自分が心を動かされた言葉を紹介して、今日は寝ることにする。

 

 

「お前の心があるところに、お前の宝物が見つかる。」

→人生のバイブル。ドイツに行くきっかけにもなった。

 

 

コーヒーの人

コーヒーの人

 

「人生は自分だけのものだから、たくさんの人に理解されなくてもいいんです。家族や大切な人だけがわかってくれればいい。」

「自分が情熱を込めて、コーヒーを作っているかどうか“だけ”を大事にしたい。」

→大事にしたい人生観、仕事観。

 

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
 

「何かをしているのに意味が無いのではなくて、意味が無いからこそ“せっかく”だから楽しいことをするのだ。」

→せっかくだから楽しい授業がしたい。

 できるようになりたい。忘れないように。

 

 

 

ナナメの夕暮れ (文春e-book)

ナナメの夕暮れ (文春e-book)

 

 「欲望が無いと人間は向上しない?なぜ一流のものを手に入れることだけが欲望だと思うのだろうか。安くてそこそこいいものに囲まれながら、平凡な家庭を築き、気の合う仲間とだけ楽しみ続ける人生を目指すことは欲望ではないのだろうか?それを実現し続けることは奇跡だし、難しいことだ。」

→本当に好きな考え方。まさに理想。

 

 

「先輩方は、なかなか芽が出ない若手に必ずと言っていいほどこうアドバイスします。とにかく一本でも多くのネタを書きなさい、と。その通りでした。」

→仕事における絶対法則。上手くできないと悩んでる暇があったら黙って数をこなすしかない。

 

 

5分の3が芸人さんの本になってしまいました(笑)バカニスルナヨ。

 

 

以上、完全自己満びぼー録でした。

ではまた。

Tschüss!

 

 

 

 

 

その他、ノートに記録した本一覧。(順不同)

絶対に読むな

 

最近は日本語ラップが趣味。

もちろん聴く専門。

 


僕が好きなラッパーにMC松島という人がいる。理由は強さとユーモアを併せ持つから。

 

一旦話が逸れるが、最近尊敬する先輩に、仕事についてある質問をした。

すると、「上達したいと思ってるうちは上達しない」と突き返された。

 

そのとき正直ピンとは来なかったのだが、時間差でそれが分かった気がしたので、備忘録。

 

前置きが長くなった。

MC松島の話に戻ります。

 

MC松島は、バトルで勝ち負けなんてどうでもいいかのような戦い方をする。

 


勝ちたいラッパーは負けたくないから、なるべく負けない戦い方をする。

負けたくないから、失敗したくないから、チャレンジができない。

でも松島は違う。別に勝てなくてもいいから、いろんな戦い方ができる。

自分が楽しむ、言いたいこと言う、観客を笑わせる。


 

そうするとどうなるか。

言いたいこと言う、やりたいことやる

→いろんな新しいチャレンジができる

→それが上手くいくかどうかがわかる

→レパートリーが広がる

→使える技が増える

→強くなる

→楽しくなる

→もっといろんなチャレンジができる

 

 

逆に勝ちたいと思ってる人は

→なるべく失敗したくない

→新しい技を試せない

→レパートリーが広がらない

→勝てない、上達しない

 

先輩が言ってたことってこういうことなのかなっていうのを、ラッパーから感じた話でした。

 


これ先輩に言ったら、お前は本当に馬鹿だなってまた突き返されそう。

 

 

以上、絶対に読まない方がいい不毛な記事でした。
ではまた。Tschüss!

日野市バンザイ

 

強くなりたいから、強い人から学ぶ。

強い人は、芯のある人だと最近は思う。

 

漫画の主人公でも、現実世界でも上り詰める人に共通するのは、"ブレない芯"があるかどうか。

 

それがこの本の主人公、土方歳三にはあった。

 

馬鹿のくせに本は読むが、馬鹿だからロクな感想も言えない。ということで、一文抜粋。

 


「おれはね、近藤さん、

新選組を強くする以外に考えちゃいねえ。」

 


土方の全ての判断基準はそこだった。

目的意識が明確だと、判断が早く、迷いも少なくなる。まさにデキル男だ。かっこいい。

 

 

ちなみに土方歳三は日野市出身。

私と同じです。どうでもいいですね。

ではまた。tschüss!

 

f:id:Einsdrache:20200725001730j:image

棚からぼた餅

 

こだわってないのはすぐわかる。

 


この人、こだわってるなあってのより

この人、適当にやってんだなあってのはすぐバレる。

 


もちろん、適当にやっても上手くいくこともある。でもビギナーズラックとか、棚からぼた餅みたいなことは長くは続かない。どうせやるならこだわりを持ってやりたい。

 


と、初めて行った美容院で「この人適当なんだなあ」って人に当たってふと思ったんです。(腹いせに書いてるつもりではないですが、なんか器小さいですね泣)

でもそんな人がいる店には一生行かない。

 


そして、思い返すと自分の周りにはこだわり持ってやってる人が多いと感じた。

翻って自分はどうだろう。こだわり持って仕事ができているだろうか。軸がブレてないだろうか。正直自信はない。

 


自信がないから、自信を持てるように日々こだわり続けるしかないんだけど、

どっちかと言うと、そうありたいっていう理想の話でした。

 


にしても、なんで自分の周りには、こだわり持ってやってるかっこいい人ばっかりなんだろう。悔しいです‼︎

 

 

ではまた。tschüss!

逆算

 

父からは「目的意識」の重要性を教えてもらった。今でも大事にしている言葉だ。

 

目的意識、今の仕事に置き換えるとどうだろう。

なんでその仕事をしてるの?と聞かれたら、「楽しいから」と、なってしまうが、目指すのは「生徒が社会の中でよりよく生きていけるように」になる。

「生徒が社会の中でよりよく生きていけるように」は、どんなことが必要になってくるか。

 


特別支援学校なら自立、社会参加、就労は大きなキーワードになってくるはず。

じゃあその自立、社会参加、就労のためにはどんなことが必要なのか。

自立は身辺処理、社会参加はコミュニケーション、就労は…とかとか。

やっぱり目的意識から逆算すると、いろんな課題が明確になる。逆算しないと、知識や情報に溢れて、何から手をつけるべきかわからなくなる。

 


でもよくよく考えたら逆算しても、何から手をつけるべきかわからない。。。

結局、なにも解決策が見出せませんでしたが、目的意識だけは忘れずにいたいというお話でした。目的の達成方法については、これからたくさん勉強していきたいと思います。

 

ということで、最後にあるエッセイを紹介して終わりたいと思います。

 

 

 

 昨年、夫が参加しているジャズバンドのメンバーが、若くして亡くなりました。あらためて、人生や命について立ち止まって考えさせられました。教師として理想や道徳的に正しいこと、いつも目標を立て努力することなど語り、自分も「こうあるべき」と思ったりして、暮らしてきました。

 でも…。うまくいかないこと、ずるいこと、怠けることも許し、受け入れ、何よりも人生を味わい楽しむことが、最高の生き方なのでは、と思いました。がんと闘いながらも仕事をし、演奏し、旅立っていったメンバー。スイングで送りたいと思います。

某教員向け共済関係リーフレット、「最高の生き方」より。

 

 

許し、受け入れ、人生を味わい楽しむ。

できてないことだらけですが、いつかはそんな人間味溢れた男になりたいものです。

 

ではまた。

Tschüss!