人生のびぼー録

ドイツでサッカーやってました。今は特別支援学校で働いています。

ドイツなんてもう二度と行かない

 


比較的勤勉な国民性と聞いていたが、
時間は守らない、口約束は無いも同然、融通も利かない。
子供にはお金をスられるし、ご飯も全く美味しくない。
用意された家は真冬に暖房の効かない牢獄みたいな部屋。

 

基本的には毎日家と練習場の往復。
家ではひたすら暇を持て余し、練習に行けば当然日本人は1人だし、ドイツ語もほぼ話せないから談笑には加われない。


日本に帰りたいと本気で毎日思っていたし、
サッカー選手としての自信も全て失って帰ってきた。

 

 

だけど、自分の人生において大切なことは学ぶことができた。

 


チームメイトのキャプテンに君の夢は何?と聞いてから、自分の中で何かが変わった気がした。彼はドイツ語があまりわからない僕にも分かりやすいように教えてくれた。ドイツ語だとうろ覚えだけどこんな感じ。

 

 

 

 

"immer gesund"
"zeit mit familie"
"normale arbeit zu haben"

 

健康でい続けること
家族との時間を大切にすること
普通の仕事があること

 


そんな当たり前のこと?と思われるかもしれないけど、意外とこんな当たり前なことが大切だってことに気づける機会はなかなかないと思う。
そして気付けていても大切にできない人だってたくさんいると思う。

 


ドイツに行って自分にはサッカー選手として人に夢を与えられないことがわかった。
でも僕は僕自身がこれから幸せに生きていけることがわかったし、きっと家族も幸せにできるってことがわかった。

 

 

だからこそ思う。

 


サッカーをやっていて本当に良かった。
ドイツに行って本当に良かった。

 

 


でもドイツなんてもう二度と行かない。

 

 

 

 

 

 

 


あと、僕、結婚しました。

 

 

これからの仕事は未定(サッカー以外のことに挑戦したい)、生活拠点はしばらくは八戸。
ブログはこれからもちょくちょく書いていくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。


Tschüss!

 

お前めっちゃ先生じゃん

 

独立、昇進、転勤・転職…。

周りの変化がめまぐるしくなってきた。


対しては自分は目の前の仕事で手一杯。今年で3年目だけど手ごたえや成長している実感なんてない。


同じ悩みを持つ友人と、次会うときまでの宿題とすることになった。

【どう毎日を積み重ねていくべきか】

 

 

そこで、何人かに相談した。

 

ある人は、相談内容を聞くなり

「なんかお前、めっちゃ先生じゃん(悪い意味)

コツコツやるためにコツコツやるんじゃなくて

必要だからやる。それだけだろ」

 

ある人は、

「思い詰めないで、楽しく考えないと。

あなたが楽しそうじゃなかったらきっと子どもたちも楽しくないよ」


またある人は、

「どれだけ自分の時間を確保できるか。

早起きなのか、家族が寝た後なのか、仕事を早く終わらせるのか。

まずは自分の時間を生み出して、生み出してからどう使うかを考えてもいいのでは」


そして所ジョージはこう話していた。

「今日のそのものが美しい。

みんな明日があるからって希望みたいなこと言うけど 今日が充実してなかったら明日はなんないから。

今日充実しないと、明日になったらまた今日の繰り返しで今日になっちゃうから

明日を夢見るんだったら、今日を充実させなきゃダメ。

今日失敗したらその明日があるからじゃなくて、明日なんとかうまくいくようにって

そっから残業なり残って復習なり全部やらなきゃダメ。」

 

みんな言うこと偉人すぎ。ごもっともすぎ。

生きるのって大変。もちろん楽しいけど。

周りに恵まれたというポジティブな捉え方をして今日は寝ます(結局)

 

ではまた。tschüss!!

自分のためだけのびぼー録

 

イチローは毎日欠かさず素振りをする。

文字通り一日も欠かさずに。

 

素振りに限らず、日々の積み重ねが、凡人には難しい。凡人だからこそ、小さいことの積み重ねが必要なのにだ。

 


では、我々社会人にとっての素振りとは?

仕事をしてお金をもらっている以上、プロとしてみなされる。

その道で所謂"食っている"わけなので。

 


プロである以上、結果を必要とされる。

営業職ならノルマ、アスリートなら結果。

経営者なら収益、塾講師なら進学率。

じゃあ教師なら?

 


言い訳でしかないが、教師の仕事は結果が目に見えにくい。

でもだからこそ、少しでも毎日成長したいと思う。もっと力になれる存在になりたい。

だから、教師には教師の素振りが必要だ。

と、友人に話した。

 

すると、こう言われた。

 

「1番は成長することじゃなくて、面白い、楽しいと思ってやれること。

「成長したい」「そのためにこれやらなきゃ」っていうのももちろん大事。でもそれはいつかしんどくなる。

目の前の子供たちが今こういう状態で、こうなってほしいから、こんな勉強が必要だな。というのを積み重ねた結果、後で振り返ると成長してるっていうのが理想なんじゃないかな。」と。

 

自分の未熟さを痛感した一日。

あ、それは毎日だった(笑)

精進します。ではまた。Tschüss!

黙々と淡々と粛々と


大学時代の監督が口癖のように言っていた。

監督は嫌いだったけど、この言葉は好きだった。

 

「"黙々と淡々と粛々と"

やるべきことをやり続けた者が勝つ」と。

 


今も現役のサッカー選手である友人は

「どれだけ努力しても調子の悪い日は必ずあるし、なぜかよくわかんないけど上手くいく日だってある。

一流の選手はきっと、そんなのに一喜一憂せずブレずに淡々とやれてんだろうな。」

と、こぼしていたが、妙に腑に落ちた。

 

 

圧倒的な努力をしている友人、一生敵わないと思う先輩。つい周りのすごい人と自分を比べてしまうけど、大事なのはやるべきことを、"黙々と淡々と粛々と"やること。

 

 

毎朝、信念を唱える。毎日情報収集の時間をつくる。仕事ノートを欠かさない。何が正解かはわからない。

Auf Regen folgt Sonnenschein.

でも、《雨のあとには太陽の光が来る。》らしいので、まだまだこれから。

 

 

 

 

…にしても、青森の冬なげーーーよ!!!

 

取り乱しました。

精進します。ではまた。Tschüss!

読書だけでは

 

「成功を増やしたければ、失敗を増やす。失敗を増やすにはトライアルを増やす。」

と、この本に書いてあった。

※友人に結婚式のスピーチを頼まれて、読んだという経緯を断っておきたい(赤面)

 


個人的にはこの言葉には続きがあると思っている。「トライアルを増やすには、情報(選択肢)を増やすべき。」

この仮説を前提とすると、「成功を増やすには、情報を増やすべき」ということになる。

 

 

あの堀江貴文さんも、「情報だけ武器にしろ」という本を出しているぐらいだ。

ちなみにその本にはこうある。

情報収集を怠ることは、社会的な「死」を意味する。

大袈裟かもしれないが、納得できる理由が本書にはある。

 

あの池上彰さんも、

①オフの日は「CNN」(アメリカの情報番組)を流しっぱなし。

②毎日すべての全国紙に目を通す

③専門誌を5冊定期購読する

④毎日3店の書店を訪れる。

ここまでしているらしい。

 

ちなみに先述した本を読んで、挑んだ友人の結婚式スピーチは大スベりでした(泣)

読書だけでは成功しないらしい。

 

精進します。ではまた。

Tschüss!

 

無敵のギャップ

 

私には尊敬する先生がいる。

 


その先生は、ユーモアがあって、仕事が早くて、授業が面白い。まさに私の理想だ。

中でも1番好きなのは、普段は下ネタしか言わないところだ(もちろん生徒と接するとき以外)

ふざけているのに、仕事についての悩みを相談すると、的確にアドバイスをくれるし、どストレートに私の良くない点について指摘してくれる。(たまにメンタルやられるけど)これがまたずるい。

 


これからどんな努力をしても、敵わないとすら思う。でもそれを悲観的に捉えているわけではない。人は人、自分は自分。自分なりに、より良い先生になれるように努力していくつもりだ。

 


ただ、こんなに尊敬できる先輩に恵まれるなんて、自分はやっぱり"持ってる"なあ。

…と、言い聞かせて自分の非力さに目を背けているのは秘密です(白目)

 

精進します。ではまた。

Tschüss!

クソクラエ厄年

 

僕は厄年を信じない。

「運がいい人は例外なく自分は運がいいと思っている。」

と、この本に書いてあったからだ。

運のいい人の法則 (角川文庫)

運のいい人の法則 (角川文庫)

 

※いかにも胡散くらいタイトルと表紙だが、著者は"運"について、長い時間とお金をかけて研究しているらしい。ぜひ一度読んでみてほしい。


現役中も、上に行けば行くほど、自分に自信がある人しかいないと感じていた。

あるサッカー選手は、

「自信がないならサッカーをやめたほうがいい。」とまで、言い切っている。

 

それを逆に応用すると、「俺はデキル男だ」と自分に刷り込めば、後から実力が付いてくるんじゃないか、ということに気付いてしまった。

俗に言う「引き寄せの法則」的な。

 

ということで、まずは「俺は身長がでかい!」と信じることから始めてみようと思う(絶望)

 

ではまた。Tschüss!

先生の話がつまらない理由

 

塾講師は授業がつまらないと生徒が離れていく。

学校では、どれだけつまらない授業でも、生徒は先生を変えられない。

 

 

どうやら、評価される機会は大事にした方がいいようだ。

 

 

ただ、それ(話す力)は鍛えられるらしい。

練習方法としては、書き言葉を訓練する。つまり、読書すること、文章を数多く書くこと。と、この本に書いてあった。

人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫)

人を10分ひきつける話す力 (だいわ文庫)

 

 

私は月に3冊は本を読む。ブログも今まで100記事近く書いた。が、相変わらず話は下手。

 

 

…嘘じゃねえか!!!

 


でも、読書もブログも続けるつもりです。

いつか話が上手くなるように。

 


ではまた。

Tschüss!