人生のびぼー録

ドイツでサッカーやってました。今は特別支援学校で働いています。

自分のためだけのびぼー録

 

イチローは毎日欠かさず素振りをする。

文字通り一日も欠かさずに。

 

素振りに限らず、日々の積み重ねが、凡人には難しい。凡人だからこそ、小さいことの積み重ねが必要なのにだ。

 


では、我々社会人にとっての素振りとは?

仕事をしてお金をもらっている以上、プロとしてみなされる。

その道で所謂"食っている"わけなので。

 


プロである以上、結果を必要とされる。

営業職ならノルマ、アスリートなら結果。

経営者なら収益、塾講師なら進学率。

じゃあ教師なら?

 


言い訳でしかないが、教師の仕事は結果が目に見えにくい。

でもだからこそ、少しでも毎日成長したいと思う。もっと力になれる存在になりたい。

だから、教師には教師の素振りが必要だ。

と、友人に話した。

 

すると、こう言われた。

 

「1番は成長することじゃなくて、面白い、楽しいと思ってやれること。

「成長したい」「そのためにこれやらなきゃ」っていうのももちろん大事。でもそれはいつかしんどくなる。

目の前の子供たちが今こういう状態で、こうなってほしいから、こんな勉強が必要だな。というのを積み重ねた結果、後で振り返ると成長してるっていうのが理想なんじゃないかな。」と。

 

自分の未熟さを痛感した一日。

あ、それは毎日だった(笑)

精進します。ではまた。Tschüss!