人生の備忘録

幸せに生きていくために忘れたくないことを書き残したいと思っています。今までの人生に全く後悔がないことが誇りです。

美輪明宏さん

 

 

 

ずっと幸せでいる方法がたったひとつあるとしたら、

それは感謝する気持ちを忘れないことです。

食事がおいしくいただけること。好きな人に会えること。生きていられること。なんでもよいから感謝する心があれば、自前でいつでもいくらでも幸せを調達できます。

 

                                          ーーー美輪明宏

 

 

素敵な言葉は心の栄養。

 

自分自身すごく素敵だなと思ったので、ぜひ共有したいと思って引用させていただいた。

 

 

 

 

…さて、前回の更新(《ドイツ人に「夢」を聞いてみた》参照)から今日までで、新たに2人のチームメイトに夢を聞いてきたので追記しておきたいと思う。

 

 

まずは一昨日、30歳のチームのキャプテンに

車で家まで送ってもらったときに

君の夢はなに?と聞いた際の回答。

 

 

 

 

 

  • 健康でいること
  • 家族との時間を大切にし続けること
  • 普通の仕事があること

 

 

 

またまた素敵な夢。

普通の仕事があること、というのが特に意外だったし、なかなか考えさせられた。

彼はアルバニア人で、国で戦争があったためにドイツで生活をしている、いわゆる難民であるらしいが、そのことも影響しているのかもしれない。

先ほどの美輪明宏さんの言葉ともリンクしているような気もして、こういう人が生涯幸せな人生を歩んでいくのだろうなと思った。

彼はいつも、ドイツ語を話せない僕に対してすごく優しくしてくれる。僕も彼のように、身近にいる困った人には手を差し伸べられるような人間でありたい。

 

 

 

 

 

 

続いて、20歳のチームメイト。

 

「 君の夢はなに?」

 

 

 

「Geld (金) 」

 

 

要するにお金持ちになりたいということでしょう。やはりこういう人もいた。

でも人は違って当たり前だし、この夢が全くもって悪いとも思わない。ましてやみんなが同じ夢や思想を持っていたら社会が成り立たないし。

むしろお金なんて、あればあるほどいいとまでは言い切れないけど、少なくともあって困るものでもない。いろんな人がいるから面白い。

 

 

 

 

…ということで、4人の外国人に夢について聞いてみて思ったのは

やはり、日本人には将来の夢なに?とは急には聞きづらいし、聞かれた方も気恥ずかしくて中々はっきりとは言いづらいだろうけど、外国人だとすぐ聞けるうえに、何より文化も言葉も違う人と夢について話せるのはすごく楽しい。

これはもう少し、サッカーやってる人以外にも聞けるチャンスがあれば継続して聞いていって、また面白い発見があった際には更新していきたいと思う。

 

 

 

今日はこのへんで。

あくまで備忘録なので、文章が下手くそなのはお許しを。。。

 

 

では今日も、生きていられること、健康でいられていること、サッカーができること、心に栄養をくれた美輪さんの言葉、すべてのことに感謝をして、終わりにしたいと思います。

 

Tschüss!