人生のびぼー録

ドイツでサッカーやってました。今は特別支援学校で働いています。

ゼツボウハハジマリ

【近況報告まとめ】

・現役引退⇒やりたいことがわからなくなる ・やりたいことよりまずは自分にできることを、と学ぶ ・自分には経験もスキル(自分にできること)も何もないと気づく⇒絶望する ・藁をも掴む思いでとにかく行動してみる ・仕事の話が舞い込んでくる ・とりあえずやってみることにする←New!

 

【そこから得た教訓】

絶望ははじまり 祈っても宝くじはあたらない(行動しろ) 機会は逃すな ものごとをよくしようと努めろ

 

【近況の詳細について】

・現役引退⇒やりたいことがわからなくなる サッカー以外に情熱を注げるものが見つからない。かといって、プレーすること以外にはサッカーもあまり興味がない。 求人サイトや転職サイトを毎日のように眺めてみるが、心は動かされない。

 

・やりたいことより自分にできることを、と学ぶ 2つきっかけがあった。 1つめは「林修先生 vs 高学歴ニート」 という題目の番組で、林先生が言った言葉。 (詳細はこちら)

2つめはブラジルで5年、イタリアで1年プロとしてサッカー選手をしていたという方に会ったときに言われた。

 

・自分には経験もスキル(自分にできること)何ももないと気づく 林先生は、やりたくないけど、塾講師をやったらどこからも引っ張りダコになった。 ブラジルの方は、指導者をやってみたら県内から彼に教わりたいと選手が集まってきた。 だからやれることをやるべき。

…いやいや、そんな才能無えわ! やりたいこともできることもない。 正直かなり落ち込んだ。まさに絶望した。

 

・藁をも掴む思いでとにかく行動してみる 何をしたらいいのかわからないから、少しでも興味がわいたらとりあえず行動した。 祈るだけじゃ宝くじはあたらないから。 やる気は生ものだとも学んだ。

 

・仕事の話が舞い込んでくる ・とりあえずやってみることにする←New! そうして行動し続けた結果、たまたま仕事の話が来た。 とりあえずやってみることにすると書いたが、本当にいろんなきっかけがあって、直感的に飛び込んでみるべきだと感じた。

そんなこんなで近況報告。

 

【結論】

 

つまりは何が言いたいかというとこれです(笑)

 

世界に変化を望むのであれば、 自らがその変化となれ

ブーブー文句や愚痴を言うよりは 黙々と自分をアップデートしていく男でありたい。

以上、最近は体重もアップデートされている デブ彦でした(笑)

 

ではまた。 Tschüss!